記事一覧

「フェンディ」、明日のショーは予定通り開催 カール・ラガーフェルド氏の後継者に“十分な時間を費やしていく”

ファイル 8-1.jpgファイル 8-3.jpg

「フェンディ(FENDI)」は、ウィメンズ・コレクションのクリエイティブ・ディレクターを50年以上に務めてきたカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)氏の訃報を受けて、コメントを発表した。ラガーフェルド氏がデザインした2019-20年秋冬の最新コレクションは予定通りミラノで2月21日に発表する。後任については「彼の精神にオマージュを捧げ、後継者について十分な時間を費やしていく」としている。

フェンディコピー」の創業家出身で、3代目としてカールと共にクリエイティブ・ディレクターを務めるシルヴィア・フェンディ(Silvia Fendi)は「独特で比類なき才能に恵まれたデザイナーを失い、悲嘆にくれている。カールは『フェンディ』と私自身に、どれだけのものを与えてくれたことだろう。初めて彼に会ったとき、私はまだ子どもだった。心からの深く愛情に基づいた私たちの関係はとても特別なもので、お互いに信頼し、尊敬の念を持って接していた。カールは私のメンターでもあり、基準の拠り所だった。2人で仕事をすると、ほんのちょっとした目くばせだけで、すぐに心が通じた。ブランドもまた私自身も、これまでカールのクリエイティブな才能に導かれてきたが、今後も“メゾン フェンディ”に継承されていく。カールを失った悲しみも、一緒に過ごしたあの日々の思い出も、私の心から消えることない」とコメントした。

同社のセルジュ・ブランシュウイグ(Serge Brunschwig)=チェアマン兼CEO(最高経営責任者)は、「カールと一緒に働くことを通して、ブランドが継続的な刷新を続ける秘密の一端を垣間見ることができた。カールの教養の深さ、常に若返りを実現する能力、アート全般を体験しどのようなスタイルであれそれを無視することなく、しかも過去には決して戻らないという確固たる信念、そして自分の作品を鏡に映して眺めること……には深い驚嘆を禁じえなかった。ものごとに躊躇ぜず、どこまでも追い求める性格がなくなることはなかった。彼は一つのショーが終ると『さぁ、次が始まるぞ!』と、いつも言っていた。彼は私たちに膨大なヘリテージ、尽きることのないインスピレーション源を残してくれた。私自身、そして『フェンディ』の全員がカールの死を悼む」と述べている。

「フェンディ」とラガーフェルド氏の関係の始まりは54年前にさかのぼる。フェンディ家のパオラ(Paola)、アンナ(Anna)、フランカ(Franca)、カルダ(Carla)、アルダ(Alda)の5姉妹が1965年、ラガーフェルド氏をブランドに招へい。それから、ブランドの象徴的なファーを用いたデザインを革新。通常のプレタ・ポルテのウエアのコレクションのみならず、クチュール・コレクション、広告ビジュアルまでも監修してきた。

藤原ヒロシが語る、モンクレール・ジーニアス

ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.jpgファイル 4-3.jpgファイル 4-4.jpgファイル 4-5.jpg

"ストリートウェア界のゴッドファーザー"とタッグを組んだMonclerのコラボプロジェクト〈Moncler Genius〉のドロップ第一弾がついに始動した。

パオロ・ピッチョーリによるMonclerを着こんだマドンナのマニピュレーションから、Noirの二宮啓が手がけるウェアラブルなジオメトリー、ダウンジャケットを用いたクレイグ・グリーンのディストピア的白昼夢まで、Monclerの〈モンクレール・ジーニアス〉は、ミラノに拠点を置くこのブランドを、ファッション界の最前線にいる者の目を通して再考し再構築するという試みだ。創造性が炸裂するこのプロジェクトでは、多彩な、だがそれぞれが互いに共存しうる協働作品を集結させ、相違点のパッチワークと類まれな個性が生み出されている。各人の特色あるデザイン言語を用いた多様な声が、Monclerの考案したひとつのデザインプロセスを通して調和するのだ。

「つねに異なる世代に語りかけてきたブランドとして、それぞれ個性の異なるデザイナーを選びました」。このブランドに画期的なターニングポイントをもたらしたMonclerのチェアマン兼CEO、レモ・ルッフィーニはそう説明する。「絶えず新しい経験や新しいアイデアを提供する必要があるのです」

この新しい商品の魅力的な一面が映し出すのは、ストリートウェアのドロップカルチャーが持つ力を、ラグジュアリーがどううまく利用できるかということだ。それぞれのコレクションは、月別ドロップとしてリリースされる予定だという。その最初のドロップとなるのは、 "ストリートウェア界のゴッドファーザー"藤原ヒロシとのコラボレーションだ。80年代後半----ドロップシステムによってNikeやSupremeの前に長蛇の列ができるずっと以前----に、限られた数しかない商品を少しずつ提供するというコンセプトを編み出した人物こそ彼なのだということを考えれば、この采配はまさに天才的(ジーニアス)だったと言える。

「自分のことをデザイナーだとは思っていません」と彼は話す。「アイデアをもたらすクリエイターであり、破壊者なのです」。ヴァージル・アブローやキム・ジョーンズ、マシュー・ウィリアムスら次世代のクリエイターたちのために基盤を築いたのが、藤原ヒロシなのだ。
「Moncler Fragmentにとってはこれが最初のシーズンなので、自分が何者なのか、Fragmentとは何なのかを示したいと思いました」。最初のコラボドロップからのプロダクトに囲まれた場所でのインタビューで、藤原はそう話した。「大切だったのは、FragmentをMonclerに入れ込み、MonclerをFragmentに入れ込むことでした」

東京に拠点を置く藤原は過去20年を通じ、NikeからLouis Vuitton、Supreme、StüssyやOff-Whiteに至るまで、コラボレーションがどのように行なわれるべきかを世に提示してきた。自身の革新的ストリートウェアブランドGOODENOUGHをローンチした1989年以降、デザインを破壊し、境界線を消してきたHF――大物たちにはこの名で知られている----は、マルチなクリエイティブ・ディレクター(ミュージシャン、音楽プロデューサー、DJとしても活動)とはいかなるものかを再定義してきた。

「自分のことをデザイナーだとは思っていません」と彼は話す。「アイデアをもたらすクリエイターであり、破壊者なのです」。ヴァージル・アブローやキム・ジョーンズ、マシュー・ウィリアムスら次世代のクリエイターたちのために基盤を築いたのが、藤原ヒロシなのだ。
もういちど、彼はドロップカルチャーがどうなされるべきかを思い出させてくれた。世界中のハイプビーストをワクワクさせるべく、7 MONCLER FRAGMENT HIROSHI FUJIWARAのローンチは、ピッティ・ウォモ94開催中のフィレンツェを含む世界7都市で祝われることとなった。ピッティでは、これまでストリートウェアとカルチャーを融合し続けてきた藤原の能力を反映した、音楽文化にインスピレーションを受けたイベント(ライブハウスのバックステージにいるかのような空気感をかもし出す)が行なわれていたのだ。巨大なバルジェロ美術館のなかにあるその空間では、ゲストたちが藤原が厳選した音楽を楽しみ、そのあとにはスペシャルゲストとしてDJミロが登場した。
Fragmentというレンズを通して、藤原はMonclerの名品を再びひも解き、自身の多彩な特色と想像力に合わせていく。「パンクからヒップホップまで、音楽とファッションはいつの時代も強く結びついています」と彼は話す。「カルチャー的には、かつてそうだったほどには近くありませんが、私にとって、それは同じことです」。"Backstage"という言葉(と世界)がベージュと黒のロングコートを特徴づけ、ジャケットの背にも同じように落とし込まれていた。

「音楽において、バックステージはとても大切な場所です。多くの人がライブをバックステージから見たいと考えていますから」。ファッション的な視点では、バックステージは魔法が起こる場所だが、音楽では、この光景そのものに他ならない。そのほかの場所では、はがせるステッカーにMoncler Fragmentの文字が書かれている。「このプロジェクトを通して、今までいちども使ったことのない手法や素材を試すことができました。その結果生まれたのは、今まで見たことのないHiroshiであり、かつ今まで見たことのないMonclerだったのです」

では、HFの次なるステップは? 「今みんなを驚かせたいなら、ハイとローをいいバランスにすることが必要です」と彼は言う。「次のプロジェクトはチョコレートをつくること」。テクノロジーを駆使したアウターから、ひとつまみのお菓子まで。東京を拠点とするこのデザイナーは、常に常識破りのお楽しみを料理し続けている。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ