記事一覧

「サンローラン」が販売スタッフを募集

ファイル 12-1.jpg

「サンローラン(SAINT LAURENT)」ブランドパロディ、新店舗オープンに伴う組織強化のため、販売スタッフを募集する。接客・販売、在庫管理など店舗運営の業務全般を担当する。扱うのは、バッグやウエア、シューズ、レザーグッズ、アクセサリーといった幅広いアイテム。来店客に寄り添った接客で、最適なアイテムを提案する。ブランドの歴史や世界観、コンセプトを伝えながら、より多くの人に支持されるブランドへと成長させる。

 経験やスキルに応じて、販売スタッフの指導・育成やシフト管理、店舗ディスプレーなども行う。本人の意欲やスキル次第で店長へのキャリアアップが可能。リテールやMDを担当する本社スタッフへとステップアップした先輩社員もいる。

 ブランドの基礎知識を学ぶ入社研修をはじめ、接客スキルのトレーニングや商品説明会など、充実した研修制度が整う。店舗での実績や取り組みを適正に評価されるため、成長を実感しながら仕事に取り組める。

募集職種
販売スタッフ

応募条件
高卒以上、接客・販売経験者
業界や職種は不問。第二新卒歓迎

※こんな方は早期に活躍できます
英語・中国語などの語学スキルを持つ方
ファッションブランドやセレクトショップ、ラグジュアリーブランドでの販売経験者
百貨店で外商を通した販売経験者
レストランのアテンダント、ホテルスタッフ、ビューティアドバイザー、外車ディーラー、ブライダルスタッフ、エステティシャン、客室乗務員、証券会社の営業などの経験者

勤務地
全国の「サンローラン」店舗
※オープニングスタッフも同時募集
※勤務地は希望を考慮して決定
※転勤は本人が希望する場合のみ。店舗間の異動はあるが、転居を伴う転勤はなし

東京23区中心エリア(表参道、新宿、銀座、六本木、二子玉川、有楽町、日本橋、池袋、横浜)
愛知(名古屋)
大阪(梅田、なんば、心斎橋)
京都(四条烏丸)
兵庫(神戸三宮)
福岡(天神、博多)
北海道(札幌)

雇用形態
正社員
※試用期間3カ月あり(給与・待遇に変動なし)

勤務時間
10:30~20:00の間でシフト制(実働7.5時間/休憩1.5時間)
※店舗により勤務時間が異なります
※残業は月平均20時間以下です

休日休暇
週休2日(曜日はシフト制 / 月8日以上)
年始休暇
有給休暇(有給休暇の繰越分はストック有給休暇として翌年も利用可能)
産前産後休暇
慶弔休暇

給与
年俸制 / 318万円以上(月に12分の1を支給)
※月26万5000円以上
※経験や能力に応じて加給・優遇
※上記に加え、毎月の店舗予算の達成度に応じた個人インセンティブ支給
※残業手当全額支給

福利厚生・待遇
賞与あり(賞与は年俸に含まれています)
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
インセンティブ制度(店舗予算達成時に毎月支給)
交通費支給(上限5万円/月)
時間外手当
制服貸与制度
社員割引制度
確定拠出年金
育児時短勤務制度

応募期限
2019年10月20日まで

“アディダス バイ ステラ マッカートニー”新作スニーカーが限定50足で発売

ファイル 11-1.jpg

アディダス(ADIDAS)と「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」のコラボコレクション“アディダス バイ ステラ マッカートニー”は4月15日、3Dプリンターで製造されたソール“アディダス 4D”を搭載した最新ランニングシューズ“アルファエッジ 4D(ALPHAEDGE 4D)”をベースとした新作スニーカーを発売する。価格は5万円で、22.5〜26.0cmのウィメンズサイズを展開。日本国内では50足のみの数量限定で、「アディダス」ブランドコアストア新宿店や「アトモス ピンク(ATMOS PINK)」渋谷店、「アディダス」公式オンラインショップなどで販売する。

 今作は、通気性と伸縮性を保ちつつ、フィット感のある履き心地を提供するアッパー部分のソックス状のプライムニットが、“アディオス バイ ステラ マッカートニー”限定のかぎ針編みニット構造となっており、女性らしい優美な印象に。また、通常の“アルファエッジ 4D”ではネオングリーンのソールを、オフホワイトにアップデートすることで、普段履きにも適した1足に仕上げた。

 ベースとなった“アルファエッジ 4D”は、トップアスリートのデータに基づいて開発されたランニングシューズで、足の形に合った格子状の“アディダス 4D”がミッドソールに対し、衝撃や圧力を適度に反発することで瞬発性と耐久性を強化。ハードなトレーニングや横方向の動きにも対応し、ランニングシューズのカテゴリーながらトレーニングシューズとしても使用することが可能で、機能性とデザイン性の高さから人気を集めている。

米で1万2000店舗が閉店の可能性も? 米政府による対中関税への懸念が広がる

ファイル 10-1.jpg

米中の貿易摩擦は、米政府が中国からのほぼ全ての輸入品に25%の関税をかける手続きに入ったことでいっそう激しさを増している。これは米中が合意に至らない限り今夏の終わり頃に発動される予定だが、今回はアパレルやフットウエアも対象となるため、米国内の小売りや消費者への影響を懸念する声が専門家らの間で高まっている。

 米投資銀行UBSのジェイ・ソール(Jay Sole)小売りアナリストは、「実店舗がどれほど苦戦しているかを市場は認識していないのではないか。対中関税が25%に引き上げられると、多数の店舗が閉店に追い込まれる可能性がある」とのレポートを発表した。同行では、関税の引き上げによって73の上場企業が持つ店舗のうちおよそ1万2000店が閉店し、それに伴って400億ドル(約4兆3600億円)の売上損失が出る可能性があると試算しているが、非上場企業まで含めるとさらに影響が拡大することが予想されるという。

 小売り業界では、ホリデー商戦が期待外れだったことやECへの移行が加速していることを背景に、2019年は5月時点ですでに18年全体よりも多くの店舗が閉店している。ソール=アナリストによれば、閉店は必ずしも悪いことではないが、現在の環境下では「在庫調整に大幅な変調をきたし、値引きするしかなくなる」ためマイナスの影響が大きいという。また小規模なショッピングモールの場合は、数店でも閉店するとモール全体が活気を失い、健全な店舗まで影響を受ける懸念がある。

 では、実際にどのような企業が影響を受けるのだろうか。米証券会社コーウェン(COWEN)は、対中関税の引き上げで最も影響を受けるアパレル企業として、スケッチャーズUSA(SKECHERS USA)や、「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」のライセンス生産を行っているG-IIIアパレルグループ(G-III APPAREL GROUP以下、G-III)、「カルバン・クライン」や「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」を擁するPVHコープ(PVH CORP以下、PVH)、そしてラルフ ローレン(RALPH LAUREN)の名前を挙げた。スケッチャーズUSAとG-IIIは調達を主に中国で行っていること、PVHは4億ドル(約436億円)程度の中国製品を輸入していることがその理由だ。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は5月14日、「米国内で生産すれば関税はかからない。中国ではなく、関税がかからない国から買うこともできる。多くの企業が中国から離脱している」とツイッターに投稿したが、これに異を唱える専門家も多い。ジョン・カーナン(John Kernan)=コーウェン証券アナリストは、「中国から工場を移転するにしても、その他の地域にそれを受け入れる余地はあまりない。サプライチェーンにかかる費用は世界的に上がり続けるだろう」とコメントした。

 実際、G-IIIなど生産工場を中国から移転させようとしている企業も多いが、それには数年単位の時間がかかり、関税引き上げのタイミングに合わせて数週間や数カ月でできるものではない。コーウェン証券のアナリストらは、最終的に小売り企業は10%程度の値上げをせざるを得ないだろうという。

 ジュリア・ヒューズ(Julia Hughes)米国ファッション産業協会(U.S. Fashion Industry Association)プレジデントは、「衣服やフットウエア、カーテンなどのホームテキスタイルに対する関税の引き上げは、中国への制裁としての効果より、米国のファッションブランドや小売り、そして米国の消費者にダメージを与える効果のほうが高い」と警告した。

モデルズのヘヴィーユーズ アイテム

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.png

寒くたって冬のファッションを楽しむことをいちばんに考えるのがナイロニスタのポリシー!ファーにレザーにフリンジ…、上手にトレンドを取り入れるおしゃれガールズたちのベストパートナーに注目♡

エッジの効いたアウターがインパクト抜群なので、他のアイテムは黒のワントーンでシンンプルに。リップは紫っぽいカラーで攻めてみました

袖部分のイエローフリンジに惹かれてオーダー。グレー×イエローの配色も珍しくて好き

珍しいチョーカーネックのトップス。大胆な肩出しがセクシーなおしゃれアイテムです

最近はワイドパンツがマイブーム。特にレザー素材は珍しくてお気に入りの一着です

今いちばんお気に入りのファーコート。意外とないクリーンなホワイトカラーとショート丈の珍しい形に一目惚れして即買いしました

フラワープリントのなかにさりげなくいるハムスターが可愛すぎる♡ このシリーズのアイテムは全部大好き!

『Dr.Martens』で定番ブーツを購入! レザーのブーツだから、履きこんで味が出るのも楽しみ
ブーツ¥24,000(Dr.Martens/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)

撮影で出会ったデニムジャケット。中のボアがあったかいので、真冬まで使えてヘビロテ間違いなし

さすがNIKE! FKYKNITテクノロジーを搭載してるだけあって、超軽くてポピポピ 光の加減で変わる配色もキャワワ
スニーカーブーツ¥20,000、テックフリース¥10,000、テックフリースパンツ2¥15,000(全てNIKE/ナイキ カスタマーサービス)、MA-1¥40,800(UNIF/キャンディー)

ハラコ素材とヒールのスカイブルーが可愛い。ワイドパンツの裾からちら見せして履きたい

ファーアウターは黒をチョイスして大人っぽく着るよ。冬はファーが着たくなる季節!

カートコバーンをイメージしてデザインしたニットは、ローゲージでルーズなシルエットが

「フェンディ」、明日のショーは予定通り開催 カール・ラガーフェルド氏の後継者に“十分な時間を費やしていく”

ファイル 8-1.jpgファイル 8-3.jpg

「フェンディ(FENDI)」は、ウィメンズ・コレクションのクリエイティブ・ディレクターを50年以上に務めてきたカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)氏の訃報を受けて、コメントを発表した。ラガーフェルド氏がデザインした2019-20年秋冬の最新コレクションは予定通りミラノで2月21日に発表する。後任については「彼の精神にオマージュを捧げ、後継者について十分な時間を費やしていく」としている。

フェンディコピー」の創業家出身で、3代目としてカールと共にクリエイティブ・ディレクターを務めるシルヴィア・フェンディ(Silvia Fendi)は「独特で比類なき才能に恵まれたデザイナーを失い、悲嘆にくれている。カールは『フェンディ』と私自身に、どれだけのものを与えてくれたことだろう。初めて彼に会ったとき、私はまだ子どもだった。心からの深く愛情に基づいた私たちの関係はとても特別なもので、お互いに信頼し、尊敬の念を持って接していた。カールは私のメンターでもあり、基準の拠り所だった。2人で仕事をすると、ほんのちょっとした目くばせだけで、すぐに心が通じた。ブランドもまた私自身も、これまでカールのクリエイティブな才能に導かれてきたが、今後も“メゾン フェンディ”に継承されていく。カールを失った悲しみも、一緒に過ごしたあの日々の思い出も、私の心から消えることない」とコメントした。

同社のセルジュ・ブランシュウイグ(Serge Brunschwig)=チェアマン兼CEO(最高経営責任者)は、「カールと一緒に働くことを通して、ブランドが継続的な刷新を続ける秘密の一端を垣間見ることができた。カールの教養の深さ、常に若返りを実現する能力、アート全般を体験しどのようなスタイルであれそれを無視することなく、しかも過去には決して戻らないという確固たる信念、そして自分の作品を鏡に映して眺めること……には深い驚嘆を禁じえなかった。ものごとに躊躇ぜず、どこまでも追い求める性格がなくなることはなかった。彼は一つのショーが終ると『さぁ、次が始まるぞ!』と、いつも言っていた。彼は私たちに膨大なヘリテージ、尽きることのないインスピレーション源を残してくれた。私自身、そして『フェンディ』の全員がカールの死を悼む」と述べている。

「フェンディ」とラガーフェルド氏の関係の始まりは54年前にさかのぼる。フェンディ家のパオラ(Paola)、アンナ(Anna)、フランカ(Franca)、カルダ(Carla)、アルダ(Alda)の5姉妹が1965年、ラガーフェルド氏をブランドに招へい。それから、ブランドの象徴的なファーを用いたデザインを革新。通常のプレタ・ポルテのウエアのコレクションのみならず、クチュール・コレクション、広告ビジュアルまでも監修してきた。

日常をカラフルに OUTDOOR PRODUCTS

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpg

オーセンティックでカジュアル、どんなスタイルにも対応してくれるみんなのデイリーバッグ OUTDOOR PRODUCTS。カラーもパターンも多彩に揃うから、どれにしようか決められない!

ヘルシーに映えるパープルのバックパック
とびっきりヘルシーなスタイリングなら、雰囲気あるパープルのバックパックで少しエッジを効かせたい。OUTDOOR PRODUCTS を象徴する大定番のアイテム!

デイパック¥4,800 (OUTDOOR PRODUCTS/キタムラトレードサービス)、キャップ¥2,619、パーカー¥5,048( 共にAmericanApparel/アメリカンアパレル カスタマーサービス)、タンクトップ¥7,000(Tallow/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、ショートパンツ¥22,000(VALENTINE GAUTHIER/クライ. 表参道店)、サングラス¥27,600(Elizabeth & James/ディプトリクス)、シューズ¥4,753(RANDA/ランダ)
モードな気分の時は小振りなドラムタイプで
ブラックライダースにマーメイドスカート、ちょっぴり背伸びした大人カジュアルの時はシンプルで小振りなドラム型がぴったり。小さくでも大容量だから使い勝手も◎。

ダッフルバッグ(小)¥3,500(OUTDOOR PRODUCTS/キタムラトレードサービス)、ジャケット¥58,000(603/ミッドウエスト)、Tシャツ¥14,000 (Peter Jensen/ディプトリクス)、スカート¥63,000(MOTHER OF PEARL/CPR トウキョウ)、シューズ¥19,000(SENSO/ザ・ウォール ショールーム)、ピアス¥12,000(SAMANTHAWILLS/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

数えきれないくらいの多彩なバリエーション!
ピンクにレッドにイエローにグリーン! カラーだけでも大量のラインアップなのに、さらに柄やサイズや型もたくさん揃う。シーンに合わせていろんな楽しみ方ができそう♡

デイパック各¥4,800、ダッフルバッグ(大)各¥3,800、ダッフルバッグ(小)各¥3,500(全てOUTDOOR PRODUCTS/キタムラトレードサービス)、ニット¥23,000(plumpynuts/ショーケース バイ プランピーナッツ)、ジャンプスカート¥19,000(VANISHING ELEPHANT/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、シューズ¥19,000(made in HEAVEN ACC/クライ. 表参道店)、ネックレス¥33,000(FIONA PAXTON/CPR トウキョウ)、ソックス¥2,000(Kiwanda/ステュディオス プレスルーム)
落ち着いた空気感にも自然と対応できちゃう
ムダを削ぎ落としたシンプルでスマートなデザインだから、大人っぽいコーディネイトの時もジャマをしない。機能性とデザイン性をともなう、永遠のスタンダードバッグ。

デイパック¥4,800(OUTDOOR PRODUCTS/キタムラトレードサービス)、トップス¥28,000(KAREN WALKER Runaway/ディプトリクス)、スカート¥33,000(SACHIO KAWASAKI/シスター)、ブレスレット¥10,000(Sabrina Dehoff)、サンダル¥37,000(Sophia Webster/共にスタニングルアー 青山店)

スポーティなシーンもばっちり使える!
ダンスやスポーツをしている人にもオススメ出来るのがOUTDOOR PRODUCTS。大ボリュームタイプなら、着替えもタオルもたくさん収納。一泊二日くらいの旅行も余裕!

ダッフルバッグ(大)¥3,800(OUTDOOR PRODUCTS/キタムラトレードサービス)、カーディガン¥25,000、Tシャツ¥6,500(共にplumpynuts/ショーケース バイ プランピーナッツ)、ショートパンツ¥16,000(stylestalker /デュアル 表参道)、シューズ¥5,900(CONVERSE/コンバースインフォメーションセンター)、ソックス¥1,000(靴下屋/タビオ)

トラッドなスタイルはハズシとして使って
トレンチやジャケットスタイルなど、トラッド感あるコーデの時は発色の良いバックパックでハズしちゃう。上級者は遊びのある使い方でファッショナブルに魅せたい。

デイパック¥4,800(OUTDOOR PRODUCTS/キタムラトレードサービス)、ジャケット¥45,000、パンツ¥26,000(共にplumpynuts/ショーケース バイ プランピーナッツ)、トップス¥4,800(MINKPINK/ザ・ウォール ショールーム)、シューズ¥61,000(Tricker's/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、ネックレス¥29,000(LizzieFortunato/スタニングルアー 青山店)、ブレスレット¥26,400(FIONAPAXTON/CPR トウキョウ)、ソックス¥2,000(Kiwanda/ステュディオス プレスルーム)
エッジの効いたスタイルの相乗効果として
パンチのあるMA-1やスカートなら、バッグもビビッドなカラーでアクセントを追加。大きめのサイズを狙って、トゥーマッチくらいの組み合わせで遊んでみて。

ダッフルバッグ(大)¥3,800(OUTDOOR PRODUCTS/キタムラトレードサービス)、ブルゾン¥45,000(FAD THREE/ザ・ウォール ショールーム)、トップス¥15,000 (made in HEAVEN/クライ. 表参道店)、スカート¥28,000(STUNNINGLURE/スタニングルアー 青山店)、シューズ¥6,000(CONVERSE/コンバースインフォメーションセンター)、サングラス¥30,000(karen walkereyewear/ディプトリクス)、ソックス¥1,300(靴下屋/タビオ)

ダミアーニ D.Icon (ディ・アイコン)

ファイル 6-1.jpg

皆さまこんにちは!
本日は夏に大活躍ネックレスをご紹介です(^^)

ダミアーニ
「D.Icon (ディ・アイコン)」は、伝統的なゴールドの伝統的な創作方法にホワイトとブラック・セラミックを導入する事により、最新のアイコン的トレンドが長い伝統職人技によって生まれた画期的なコレクションです!セラミックに刻まれたダミアーニのロゴを想起させるゴールドの「D」にはホワイトダイヤモンドがあしらわれています。

カラーも白黒、カプチーノ…と可愛さ全開!

カップルでペア着けも良いですよね❤️
是非店頭にてご試着ください♬

ネックレス ¥194,000 +税
ダイヤ入り ¥324,000 +税

「スナイデル」と英ロックバンド「クイーン」のコラボ第2弾が発売

ファイル 5-1.jpg

マッシュスタイルラボの「スナイデル(SNIDEL)」は英国の世界的ロックバンド、クイーン(QUEEN)をフィーチャーしたコレクションの第2弾を3月1日に発売する。全国の「スナイデル」直営店舗および公式オンラインストアで取り扱う。

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」の公開を記念し、2018年11月に発売した第1弾は、発売と同時に全アイテムが即完売した。今回は首元に“Queen”のネームをあしらったフィット&フレア型のニットワンピース(1万2000円)や、前立てを黒く切り替えて英字テキストを記したシャツドレス(1万6500円)、レースを重ねたスエット(1万6000円)など計8種をラインアップした。

 クイーンは1973年にデビューし、「We Will Rock You」「We Are the Champions」など数々のヒット曲を生み出した。ボーカル、フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)の波乱万丈な人生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」は異例のロングラン上映を続けており、1月末までで累計760万人を動員、興行収入は100億円を突破し、18年公開映画の興行ランキングで1位となっている。

藤原ヒロシが語る、モンクレール・ジーニアス

ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.jpgファイル 4-3.jpgファイル 4-4.jpgファイル 4-5.jpg

"ストリートウェア界のゴッドファーザー"とタッグを組んだMonclerのコラボプロジェクト〈Moncler Genius〉のドロップ第一弾がついに始動した。

パオロ・ピッチョーリによるMonclerを着こんだマドンナのマニピュレーションから、Noirの二宮啓が手がけるウェアラブルなジオメトリー、ダウンジャケットを用いたクレイグ・グリーンのディストピア的白昼夢まで、Monclerの〈モンクレール・ジーニアス〉は、ミラノに拠点を置くこのブランドを、ファッション界の最前線にいる者の目を通して再考し再構築するという試みだ。創造性が炸裂するこのプロジェクトでは、多彩な、だがそれぞれが互いに共存しうる協働作品を集結させ、相違点のパッチワークと類まれな個性が生み出されている。各人の特色あるデザイン言語を用いた多様な声が、Monclerの考案したひとつのデザインプロセスを通して調和するのだ。

「つねに異なる世代に語りかけてきたブランドとして、それぞれ個性の異なるデザイナーを選びました」。このブランドに画期的なターニングポイントをもたらしたMonclerのチェアマン兼CEO、レモ・ルッフィーニはそう説明する。「絶えず新しい経験や新しいアイデアを提供する必要があるのです」

この新しい商品の魅力的な一面が映し出すのは、ストリートウェアのドロップカルチャーが持つ力を、ラグジュアリーがどううまく利用できるかということだ。それぞれのコレクションは、月別ドロップとしてリリースされる予定だという。その最初のドロップとなるのは、 "ストリートウェア界のゴッドファーザー"藤原ヒロシとのコラボレーションだ。80年代後半----ドロップシステムによってNikeやSupremeの前に長蛇の列ができるずっと以前----に、限られた数しかない商品を少しずつ提供するというコンセプトを編み出した人物こそ彼なのだということを考えれば、この采配はまさに天才的(ジーニアス)だったと言える。

「自分のことをデザイナーだとは思っていません」と彼は話す。「アイデアをもたらすクリエイターであり、破壊者なのです」。ヴァージル・アブローやキム・ジョーンズ、マシュー・ウィリアムスら次世代のクリエイターたちのために基盤を築いたのが、藤原ヒロシなのだ。
「Moncler Fragmentにとってはこれが最初のシーズンなので、自分が何者なのか、Fragmentとは何なのかを示したいと思いました」。最初のコラボドロップからのプロダクトに囲まれた場所でのインタビューで、藤原はそう話した。「大切だったのは、FragmentをMonclerに入れ込み、MonclerをFragmentに入れ込むことでした」

東京に拠点を置く藤原は過去20年を通じ、NikeからLouis Vuitton、Supreme、StüssyやOff-Whiteに至るまで、コラボレーションがどのように行なわれるべきかを世に提示してきた。自身の革新的ストリートウェアブランドGOODENOUGHをローンチした1989年以降、デザインを破壊し、境界線を消してきたHF――大物たちにはこの名で知られている----は、マルチなクリエイティブ・ディレクター(ミュージシャン、音楽プロデューサー、DJとしても活動)とはいかなるものかを再定義してきた。

「自分のことをデザイナーだとは思っていません」と彼は話す。「アイデアをもたらすクリエイターであり、破壊者なのです」。ヴァージル・アブローやキム・ジョーンズ、マシュー・ウィリアムスら次世代のクリエイターたちのために基盤を築いたのが、藤原ヒロシなのだ。
もういちど、彼はドロップカルチャーがどうなされるべきかを思い出させてくれた。世界中のハイプビーストをワクワクさせるべく、7 MONCLER FRAGMENT HIROSHI FUJIWARAのローンチは、ピッティ・ウォモ94開催中のフィレンツェを含む世界7都市で祝われることとなった。ピッティでは、これまでストリートウェアとカルチャーを融合し続けてきた藤原の能力を反映した、音楽文化にインスピレーションを受けたイベント(ライブハウスのバックステージにいるかのような空気感をかもし出す)が行なわれていたのだ。巨大なバルジェロ美術館のなかにあるその空間では、ゲストたちが藤原が厳選した音楽を楽しみ、そのあとにはスペシャルゲストとしてDJミロが登場した。
Fragmentというレンズを通して、藤原はMonclerの名品を再びひも解き、自身の多彩な特色と想像力に合わせていく。「パンクからヒップホップまで、音楽とファッションはいつの時代も強く結びついています」と彼は話す。「カルチャー的には、かつてそうだったほどには近くありませんが、私にとって、それは同じことです」。"Backstage"という言葉(と世界)がベージュと黒のロングコートを特徴づけ、ジャケットの背にも同じように落とし込まれていた。

「音楽において、バックステージはとても大切な場所です。多くの人がライブをバックステージから見たいと考えていますから」。ファッション的な視点では、バックステージは魔法が起こる場所だが、音楽では、この光景そのものに他ならない。そのほかの場所では、はがせるステッカーにMoncler Fragmentの文字が書かれている。「このプロジェクトを通して、今までいちども使ったことのない手法や素材を試すことができました。その結果生まれたのは、今まで見たことのないHiroshiであり、かつ今まで見たことのないMonclerだったのです」

では、HFの次なるステップは? 「今みんなを驚かせたいなら、ハイとローをいいバランスにすることが必要です」と彼は言う。「次のプロジェクトはチョコレートをつくること」。テクノロジーを駆使したアウターから、ひとつまみのお菓子まで。東京を拠点とするこのデザイナーは、常に常識破りのお楽しみを料理し続けている。

秋冬の大人カジュアルスタイルに欠かせない〈キルティングジャケット・コート〉のトレンドコーデ

ファイル 3-1.jpgファイル 3-2.jpgファイル 3-3.jpgファイル 3-4.jpgファイル 3-5.jpg

ここ数年で大人カジュアルスタイルに欠かせない存在としてその地位を確立した〈キルティングジャケット・コート〉。品を求める大人女子にとっては、少しカジュアルすぎるのが悩みだったり。そんなお悩みも解消する、キルティングジャケット・コートのトレンドコーデテクニックをご紹介します。
トレンド大人カジュアルを作るキルティングデザイン
質感的にはダウンジャケットに似ているけど、ダウンジャケットほどボリュームがなくスタイリッシュなカジュアルスタイルを楽しませてくれるキルティングジャケット・コート。

2019年秋冬も、大人カジュアルスタイルには欠かせない存在として益々注目を集めています。

今年初めてキルティングジャケット・コートにトライする大人女子も、すっかり着慣れた大人女子も必見。
カジュアルだけどカジュアルになりすぎない、品を与えてくれるトレンドコーデに2019年はトライ。
コーデテクニックをチェックしてみましょう。
キルティグジャケット・コートの定番といえば、カーキ。
カジュアルかつミリタリーテイストまで感じられるカーキのキルティングジャケットは、カーキのワントーンで仕上げてシックに。
トレンドカラーでもあるマスタードを差し色にプラスすれば、カーキのワントーンのテイストを邪魔をせずに華やぐスタイリングが完成。
ネイビーのキルティングコートもやっぱりワントーンな仕上がりがシック。
重たくなりすぎないよう、ホワイトを取り入れて抜け感を作ってあげれば程よいカジュアル感が生まれます。
カジュアルテイストを強く感じられるキルティングジャケットも、ブラックのワントーンとなればそのカジュアルさを抑えてクールな印象に。
ぼやっとしがちな秋冬のブラックワントーンコーデに、キルティングジャケットがメリハリを与えるスタイリングは今までになく新鮮でおもしろい。
ワントーン以外でもキルティングジャケットを着て品を求めるなら、レディライクなアイテムを合わせれば簡単なのですが、2019年秋冬はワンランク上のテクニックにトライ。

キルティングジャケットのカジュアルテイストをグッと引き立ててしまうニット帽。
品が欲しいならニット帽はまず避けるアイテムだけど、このニット帽を使っても品を得られるテクニックは、ただただシンプル。

できるだけ無駄なものをプラスせず、すっきりとした印象に仕上げることで品が高まる。
寂しげな首元になにかプラスしたり、タートルネックを選びたいところをグッと我慢がポイント。
キルティングジャケットは、リバーシブルデザインが多いのも特徴の一つ。
様々なリバーシブルデザインをチェックして、よりお得にGETしてみては?
これまでカジュアルなイメージだったキルティングジャケット・コートを、2019年秋冬は少し大人っぽくランクアップ。
これまでのキルティングのイメージを大きく覆すようなトレンドコーデにトライしてみてはいかがでしょうか。

ページ移動