記事一覧

3000万円超えの新作レベルソは鳴り物系の超大作!!──ジャガー・ルクルト「レベルソ・トリビュート・ミニッツリピーター」

ジャガー・ルクルトはミニッツリピーターを搭載する「レベルソ・トリビュート・ミニッツリピーター」を発表した。18KPGケースを採用し、世界限定10本を販売する。参考価格は10/15現在で3608万円。

2021年 ジャガー・ルクルト新作 レベルソ・トリビュート・デュオ・ファリアーノ Q398256J

レベルソ・トリビュート・デュオ・ファリアーノ
Ref:Q398256J
ケースサイズ:47.0×28.3mm
ケース厚:10.3mm
ケース素材:18Kピンクゴールド
防水性:3気圧
ストラップ:カーサ・ファリアーノがデザインおよび手作りしたツートンのコードバンレザー&キャンバス、18Kピンクゴールド製ピンバックル
ムーブメント:手巻き、Cal.854A/2(ジャガー・ルクルト製)、毎時21,600振動、42時間パワーリザーブ
仕様:時・分表示、表面ダイヤルにスモールセコンド、裏面ダイヤルに第2時間帯と24時間デイ&ナイト表示、バーガンディレッドのラッカー仕上げを施した表面ダイヤル、シルバーグレーとベルベットの「クルー・ド・パリ」ギョーシェ彫りを施した裏面ダイヤル、アプライドゴールド アワーマーカー、ドーフィン針

ミニッツリピーターを組み合わせた超大作
ジャガー・ルクルトは、レベルソの新作「レベルソ・トリビュート・ミニッツリピーター」を発表した。反転ケースを持つ角型時計「レベルソ」に複雑機構であるミニッツリピーターを搭載したモデルだ。

レベルソといえば、今年誕生90周年を迎えたジャガー・ルクルトのアイコンだ。同社はその細長いケースの中に、数々の機能を巧みに搭載してきた。反転ケースの裏側にも時刻表示機能を持たせることによって第2時間帯表示を可能にした「デュオ」はもちろん、クロノグラフやトゥールビヨンといった高度な技術が求められる機構も含めてだ。もちろんレベルソのムーブメントはケースと同様に角型のため、専用に設計をする必要がある上に、設計時の制約もラウンド型と比べて多い。そんなレベルソに、腕時計の機構の中でもとくに複雑で花形とされるミニッツリピーターを組み合わせた本作は言うまでもなく超大作だ。

ミニッツリピーターといえば、重要なのは音量と音質である。とくに音量に関しては、いかにケース内に音を響かせられるかが鍵となる。だが、レベルソの細長いケースはそもそも体積が大きくない上、その特殊な形状の中にリピーター機構を詰めるため、空気を振動させられるようなスペースがあまり取れない。


【関連記事】:http://buydokei.top/

コメント一覧